2014年01月01日

日本の寿ぎの型とデザイン展

IMG.jpg


■ 日本の寿ぎの型とデザイン展 〜着物・菓子・食器の色とかたち史

日程:2014年1月7日(火)〜31日(金)

会場その1:珈琲“涼蔵”(新潟市中央区秣川岸通2-2364)
営業時間:10:45〜19:15
期間中休日:月曜日、第2第4日曜日
おいしい珈琲と手作りランチをどうぞ。

会場その2:ギャラリー蔵織(新潟市中央区西堀前通1番町700)
営業時間:11:00〜18:30
期間中休日:水曜日
ギャラリー併設の喫茶コーナーではおいしい珈琲やハーブティーが楽しめます。

「型にはまる」という言葉があるように、古来より日本は芸能・工芸において、理想の姿を描き、それを型として作り上げてきました。江戸時代以降、工芸では「型」は量産手段として花開き、多くの分野で神業とも思える職人技を発揮し、現在のものづくり日本を発展させました。今回はそれら「日本の寿ぎのデザイン」を支えた、着物染色型、菓子型、木型などの多様な型文化の世界を展観します。また、明治〜戦前の型紙を使ったハイカラな面白裂と呼ばれる変わり図柄の古布や可愛い子供の着物、筒描なども華やかに色を添えます。正月を寿ぐ日本のデザインルーツをご覧ください。


新潟ハイカラ文庫ホームページへ
posted by staff-kuro at 14:50| トピック